ドル円(USD/JPY)の相場検証2022年1月19日



1月19日水曜日、ドル円(USD/JPY)の相場検証をしていきたいと思います。



**記事の前に**


為替、FX関係のブログランキングに登録しました。
応援していただけると励みになり、良い記事を書きたくなりますので、よろしくお願いします。  

にほんブログ村 為替ブログ FX 副業投資家へ         

ランキング上位のブログは参考になるものが多いです。   



220119ドル円.jpg
                  **画像をクリックすればもう少し大きな画像になります。

チャート内のサイクルの周期を表示するMT4用インジケーターについて記事にしました。


上のチャートはMT4の画面です。


左上から、週足チャート(プライマリーサイクル)
左下   日足チャート(メジャーサイクル)
右上   4時間足チャート(トレーディングサイクル)
右下   4時間足チャート(アルファサイクル)

の順で表示しています。


まず週足のプライマリーサイクルですが、これまで二通りのシナリオで動きを検証してきましたが24本目で安値を付けているので、17本目の安値で早期終了という筋書きは消えました。
今回からは24本目で終了という筋書きと、サイクル転換ゾーンで24本目を下回るという二つの筋書きでチャートを見ていきます。



日足チャート(メジャーサイクル)ですが、前回お伝えした26本目の高値116.346円が天井で34本目の安値が底値と一旦仮定しますが、ここ数日で急激に下落して34本目を下回るような下落をするなら、そこが底値になります。
その場合、若干のサイクルの延長になります。
下落せずに、ある程度上昇するようなら34本目が底値で新しいサイクルへ転換したことになります。



4時間足チャートですが、こちらはトレーディングサイクルとアルファサイクルで検証しています。
トレーディングサイクルは7本目に高値を付けて、56本目に安値を付けています。
日足のメジャーサイクルが34本目で終了転換していれば、トレーディングサイクルも56本目で終了したことになりますが、それはこの後、56本目の安値を下回る下落をするのかチャートの動きを見ていく必要があります。

アルファサイクルの方は、トレーディングサイクルの56本目でサイクルが転換したと判断しています。
11本目に高値を付けていますが、他のサイクルを見ても、この後の動きは半々なのでチャートの流れに付いていくしかないようです。




今、現在の検証は以上ですが上記のシナリオはローソク足が増える度に変化するので、変化に対応する判断が必要です。




***注意***
あくまでも、個人的な見解ですので、トレードはご自身の判断の元でお願いします。

********






スポンサーサイト



固定表示スペース

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

各ページ下部の固定表示スペース
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
テラス(販売サイト)のシステムトレードランキングです。
フリーエリア
楽天市場

サイドバー背後固定表示エリア